一人暮らしを始めるまで

はじめての一人暮らしは夢も不安もいっぱい。
これから新生活を始める方のために、一人暮らしのコツを紹介いたします。

部屋探しを始めよう

部屋探しの条件は人それぞれ違います、何が今回の部屋探しのポイントなのかをハッキリさせましょう。だいたい基本的な条件には、家賃、建物のキレイさ、駅からの距離、階数、お風呂、トイレなどがあると思います。もちろん他の条件もあるとおもいます。その中で自分が大事にしていることは、何なのかをハッキリすると部屋探しがすごく楽しく探せるようになります。

部屋を借りるまでの流れ

1人暮らしのセットアップ

お部屋が決まったらお引越し。引越しが決まったら、まずは自分でその作業を行うのか引越業者等にお願いするのかを決める必要があります。引越し業者に頼む場合は複数の業者から見積もりをとって、自分に一番あったプランや料金などを比較してお願いするとよいでしょう。荷物の整理なども早めにしておき、まずは季節物の洋服などをダンボールに詰めます。その後、日々の生活で使わない物を徐々にダンボールにつめていきましょう。

お引越しサポート

引越しの挨拶

引越しの挨拶はするかどうか迷う人もいるかと思います。
もし、引越しの挨拶をするのであれば、隣接した部屋の人と、自分の部屋の真下の階辺りを中心にして挨拶して回りましょう。

引越しのスケジュール

ガスの元栓開け

ガスの元栓は業者に来てもらう必要があります。
引越し日にガスを使いたい場合は連絡をしておく必要があります。

電気・水道

スタッフに来てもらう必要はありません。自らブレーカーを上げたりして、所定の用紙に記入し同封の封筒に入れてポストに投函して下さい。

転入届、国民健康保険、国民年金、福祉関連

引越し先の市区町村の役所に行き、手続きをします。引越し前にもらった転出証明書を持っていきます。
他に身分証明書、印鑑、年金手帳、健康保険証などを持っていきましょう。

一人暮らしのマナー

一人暮らしは「ひとり」といってもたった一人で住むではなく、地域のみなさんと一緒に住んでいるということになります。
まず気を付けなければいけないことがあります。

<音漏れに注意>
マンションやアパートといった集合住宅では、隣の部屋が意外なほど響く場合があります。特に夜間の騒音はご近所の迷惑となりますので夜9時をすぎたら大声を出すなど騒いだりせず、テレビやステレオの音も控えめにしましょう。

<ゴミ捨てのルール>
ゴミを捨てる時は、収集日や分別方法(熊本市ごみ出しカレンダー)、指定ゴミ袋の有無などを確認して必ずルールに従いましょう。(熊本市ごみ袋)

<自転車・バイク・自動車は必ず駐車・駐輪場へ>
自転車やバイク・自動車は必ず指定の駐輪駐車場へ。マンションやアパートの前に無断で駐車をしたりすることは絶対に禁止です。近隣のご迷惑となったり緊急車両の妨げになります。

防犯対策

一人暮らしで最も気を掛けなければならないのは、やはり防犯の問題。特に女性の一人暮らしの際には、セキュリティの行き届いた物件を選ぶだけでなく、日頃から危険を防止する対策を取りましょう。

<ベランダやサッシの開け放しは禁物>
空気の入れ替えは重要ですが、夜間や外出時に開けておくのは絶対禁止!不審者はベランダやサッシからも侵入します。換気窓や換気扇を上手に利用しましょう。サッシ用の補助錠なども効果的!換気のために窓を数センチ開けた状態での施錠ができるものがあります。

入居サポート

<洗濯物干しのコツ>
洗濯物は部屋にどんな人間が住んでいるかがわかってしまいます。特に女性は下着泥棒に遭わないためにも、ベランダに目隠しをしたり、ベランダの柵より低い位置に干したり、男性用の洗濯物を一緒に干すなどの工夫をしましょう。

<ポストの整理>
エントランスのポストは部屋の番号が記されているため、郵便物がたまっていると容易に不在がわかってしまいます。また、個人情報の流出を防ぐためにもポストには鍵を掛け、毎朝出かけ前などに整理を心がけましょう。